当社の製品

振動ダンパー

振動ダンパーは、送電線の導体、アース線、OPGW、ADSSの風成振動を吸収するために使用されます。空中導体の風による振動は世界中で一般的であり、ハードウェアアタッチメントの近くで導体の疲労を引き起こす可能性があります。ADSSまたはOPGWケーブルの耐用年数が短くなります。

振動ダンパーは、ADSSケーブルおよび光ファイバー架空地線(OPGW)を含むアース線の風成振動を制御するために広く使用されています。ダンパーを振動導体に配置すると、おもりが動くと鋼線が曲がります。ストランドが曲がると、ストランドの個々のワイヤが互いに擦れ合い、エネルギーが消費されます。

ジェラの製品範囲には2種類の典型的な振動ダンパーがあります
 
1)スパイラル振動ダンパー
2)ストックブリッジ振動ダンパー
 
スパイラル振動ダンパーは耐候性、非腐食性のプラスチックでできており、ダンパーはケーブル用のサイズの大きならせん状の減衰セクションがあり、ストックブリッジ振動ダンパーはステンレス鋼、アルミニウム、および金属製のハードウェアでできています。振動ダンパーのタイプは、特定のスパンと導体の要件に応じて選択されます。

Jeraラインは、ポールブラケット、ステンレス鋼ストラップ、フック、シャックル、ケーブルのたるみ保管など、オーバーヘッドFTTXネットワーク構築中に使用されるすべてのケーブルジョイントとアクセサリを提供します。

これらの振動ダンパーの詳細については、お気軽にお問い合わせください。