温度と湿度のサイクリングテスト

温度と湿度のサイクルテストは、高温多湿または低温多湿などの温度と湿度の変化を通じて、製品または材料のパラメータと性能をテストおよび決定するために使用されます。

温度や湿度などの環境変化は、材料や製品の性能に大きく影響します。このテストは、製品または付属品を人工環境に浸し、製品を極度の高温にさらし、徐々に低温に下げてから、高温に戻すことによって実行します。このサイクルは、信頼性テストまたは顧客の要件の場合に繰り返すことができます。

Jeraは以下の製品でこのテストを進めます

-FTTH光ファイバードロップケーブル

-絶縁ピアスコネクタ(IPC)

-FTTHドロップケーブルクランプ

-空中クランプまたは固定サポート

-ABSケーブルクランプ

標準の一般的なテストは、IEC 60794-4-22、EN-50483:4、NFC-33-020、NFC-33-040を参照してください。

私たちは世界40カ国以上に製品を販売しています。クウェートやロシアのように、気温が極端に高い国や低い国もあります。また、フィリピンのように降雨量が多く、湿度が高い国もあります。当社の製品がさまざまな気象条件に適用できることを確認する必要があり、このテストは製品の性能の優れた検査になります。

テストチャンバーはさまざまな気象条件をシミュレートし、機器の調整可能な温度範囲は+ 70℃〜-40℃、湿度範囲は0%〜100%で、世界で最も過酷な環境をカバーします。また、温度や湿度の上昇と下降の速度を制御することもできます。テストの温度または湿度の要件は、人為的ミスを回避し、実験の信頼性と正確性を確保するために事前設定することができます。

毎日の品質管理のために、発売前に新製品でこのテストを行います。

私たちの内部研究所は、そのような一連の標準関連タイプのテストを進めることができます。

詳細については、お問い合わせください。

sdgssgsdg