挿入損失と反射減衰量のテスト

光ファイバリンクの長さに沿って発生する信号の損失は挿入損失と呼ばれ、挿入損失テストは光ファイバコアと光ファイバケーブル接続に現れる光の損失を測定するためのものです。光源に向かって反射して戻る光の量の測定は、反射減衰量テストと呼ばれます。挿入損失と反射減衰量はすべてデシベル(dBs)で測定されます。

タイプに関係なく、信号がシステムまたはコンポーネントを通過する場合、電力(信号)の損失は避けられません。光がファイバを通過するとき、損失が非常に小さければ、光信号の品質に影響を与えることはありません。損失が大きいほど、反映される量は少なくなります。したがって、反射減衰量が大きいほど、反射が少なくなり、接続が良好になります。

Jeraは以下の製品のテストを続行します

-光ファイバードロップケーブル

-光ファイバーアダプター

-光ファイバーパッチコード

-光ファイバーピグテール

-光ファイバーPLCスプリッター

ファイバコア接続の場合、テストはIEC-61300-3-4(方法B)規格によって運用されます。手順IEC-61300-3-4(方法C)標準。

私たちは毎日の品質テストにテスト機器を使用して、お客様が品質要件を満たす製品を確実に受け取れるようにしています。私たちの内部研究所は、そのような一連の標準関連タイプのテストを進めることができます。

詳細については、お問い合わせください。

sdgsg