亜鉛メッキ厚さ試験

鋼製のハードウェア継手は、表面に耐食性があるように亜鉛メッキされています。これは、電気分解を使用して、ワークピースの表面に均一で高密度の、十分に結合された金属または合金の堆積物を形成します。また、亜鉛保護の品質を保証するために使用される亜鉛メッキの厚さの測定テストにより、さまざまな過酷な気象条件で製品が適切に保護されていることを確認します。

Jeraは以下の製品のテストを続行します

-高圧架空送電線ハードウェア

-光ファイバーケーブルブラケット

-低電圧ケーブル空中ブラケット

-ポリマー絶縁体ボール継手

-低電圧OHLケーブルクランプ

-光ファイバーケーブルクランプ

-絶縁ピアスコネクタ(IPC)

テストは、CENELEC、EN 50483-4:2009、NFC 33020、DL / T1190-2012に基づく配電アクセサリのテスト方法である電子ゲージによって操作されます。

お客様が品質要件を満たす製品を確実に受け取れるようにするために、発売前に新製品に対して以下の標準テストを使用し、毎日の品質管理も行っています。

私たちの内部研究所は、そのような一連の標準関連タイプのテストを進めることができます。

詳細については、お問い合わせください。

sddfgsdg