光ファイバコア反射テスト

光ファイバコア反射試験は、光パルス試験器(OTDR)によって進められます。これは、通信ネットワークの光ファイバーリンクの障害を正確に検出するために使用されるデバイスです。OTDRは、ファイバ内にパルスを生成して、障害や欠陥をテストします。ファイバー内のさまざまなイベントにより、レイリー後方散乱が発生します。パルスはOTDRに戻され、その強度が時間の関数として測定および計算され、繊維の伸びの関数としてプロットされます。強度と返される信号は、存在する障害の場所と強度を示します。メンテナンスだけでなく、光回線設置サービスもOTDRを利用しています。

OTDRは、光ファイバーケーブルの整合性をテストするのに役立ちます。スプライス損失を確認し、長さを測定し、障害を見つけることができます。OTDRは、新しく取り付けられたときに光ファイバーケーブルの「画像」を作成するためにも一般的に使用されます。後で、元のトレースと、問題が発生した場合に取得された2番目のトレースとを比較できます。OTDRトレースの分析は、ケーブルの取り付け時に作成された元のトレースからのドキュメントを用意することで、常に簡単になります。OTDRは、ケーブルが終端されている場所を示し、ファイバー、接続、およびスプライスの品質を確認します。OTDRトレースは、トレースをインストールドキュメントと比較したときにファイバのどこに断線があるかを示すことができるため、トラブルシューティングにも使用されます。

Jeraは、波長(1310、1550、および1625 nm)でFTTHドロップケーブルのテストを続行します。この品質テストでは、OTDR YOKOGAWA AQ1200を使用しています。ケーブルの品質を調べて、お客様が品質要件を満たす製品を受け取ることができることを確認します。

このテストは、製造するすべてのケーブルで行います。
私たちの内部研究所は、そのような一連の標準関連タイプのテストを進めることができます。
詳細については、お問い合わせください。

dsggsdf