当社の製品

行き止まりグリップ

事前に形成されたワイヤーグリップと呼ばれるデッドエンドグリップは、オーバーヘッド通信ネットワークまたは配電ラインで使用して、タワーまたは木の棒の裸の絶縁導体に張力をかけるために開発されました。

行き止まりグリップ製品の製品範囲は次のとおりです。
 
1)ADSSケーブルガイグリップ、
2)ADSSケーブルサスペンショングリップ
3)ストランドワイヤーガイグリップ。
 
それらは溶融亜鉛めっき鋼でできており、ケーブルを空中ポールに固定して固定する導体間の摩擦を改善するために、特殊な砂と接着剤で覆われています。

Jeraは、ケーブル仕様に応じた行き止まりグリップを短時間で追加コストなしで開発できます。

当社のすべての行き止まりグリップは、当社の製品がお客様の要件を満たしていることを確認するために、電気および電気通信ユーティリティのコラボレーションでテストされています。当社の内部研究所は、+ 70℃〜-40℃の温度および湿度サイクル試験、極限引張強さ試験、電気老化試験などの一連の標準関連タイプの試験を進めることができます。

Jeraは成長企業であり、グローバル市場からのさまざまな要件を満たすために製品範囲を改善するために多くの時間とエネルギーを費やしています。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。