プレス成形ワークショップ

Jeraファイバーには10台以上のスタンピングプレスがあります。プレス技術とは、ブランクまたはコイル状の平らな板金をプレス成形し、ダイのサイズや形状、材質に合わせて変形(曲げ、ブランキング、エンボス加工、コイニングなど)する工程です。その後、その形状を永久に維持します。この技術による生産に関連する製品の研究開発と開発を行っています。

プレスプレス工場では、以下の製品の金属部品を製造しています。

-図8ケーブル用の光ファイバーアンカークランプ

-光ファイバーボックス

-光ファイバークロージャー

-低電圧絶縁ピアスコネクタ

-電気ケーブル用アンカークランプ

-フラットドロップワイヤークランプとラウンドワイヤークランプ

-ステンレス鋼のバックル

-光ファイバーケーブルのたるみ収納ブラケット

-その他のクリップ、指ぬき、ハンガー

スタンピングプレスの原材料は通常、ステンレス鋼SUS 201、SUS 304、炭素鋼、アルミニウム、銅、真ちゅうなどの鋼のコイルです。

すべての材料は、ISO 9001:2015の規格およびJERAの内部要件に従ってチェックされます。

これらのスタンピングプレスを使用すると、Jeraファイバーは新製品を研究および設計し、現在の範囲に基づいて顧客が必要とする製品を実行することができます。Jeraファイバーは、お客様のさまざまな要件を満たすために幅広い製品範囲を備えています。そして、JERA製品は市場でより競争力があります

この成形プレス技術を利用することで、金属部品をすべて自社で製造することができます。コストを節約し、製品の単価を競争力のあるものにし、自分たちで簡単に品質を管理することができます。

私たちの使命は、通信ネットワークを構築するための完全なソリューションをお客様に提供することです。信頼できる長期的な関係を築けることを願って、さらなる協力のために私達に連絡してください。

sfdfsdaf